前へ
次へ

乳液をつけるときに知っておきたいポイント

しっとり潤った柔らかなお肌を目指して乳液を使っているけれど、あまり効果を実感できないときは使い方を見直してみるとよいでしょう。
まず、乳液をつけるときの基本は、適量を手に取ったら頬を中心になじませていくことです。
特にほうれい線が気になる箇所や小じわが目立つ目元は、優しく丁寧になじませていきましょう。
乳液を使うときに注意したいのは、手のひらで温めた乳液をゆっくりお肌になじませる意識を持つことです。
また、皮脂の量が多くなりやすい鼻やおでこ、あごの部分は少量をなじませることが大切です。
この部分にたくさん乳液をつけてしまうと、お肌が脂っぽくなったり、ニキビができやすくなってしまいます。
特におでこから鼻にかけてオイリーな人は、この部分にはあえて乳液をつけないのも一つの方法です。
ただし、化粧水をつけただけだとお肌が乾燥して余計に皮脂が出やすくなってしまうので、ビタミンC誘導体が配合された保湿ジェルやローションタイプの乳液を使うなどして、きちんと保湿をすることが大切です。

Page Top