前へ
次へ

化粧水が必要なのは黒ずみ毛穴を防ぐため

ベトベトしている肌だから、あるいは夏の時期だから、化粧水は必要ないと言うズボラ女性のその後の肌は、砂漠化された肌トラブルが待ち構えています。
ベトベトしていても、化粧水を必要とするのは、毛穴を引き締めるためです。
潤いが肌にどう関係しているのかというと、内部に潤いが満ち足りていないと、毛穴周辺が固くなってしまいます。
毛穴が開きにくくなり、汚れが詰まりやすくなります。
化粧水も浸透せず、肌の生まれ変わるリズムに遅れが生じ、美白の天敵となるメラニンが停滞し、肌がくすんでしまいます。
そうした肌トラブルを起こさないように、毛穴を引き締める化粧水のつけ方というのをマスターしましょう。
通常は、クレンジングや洗顔後に、化粧水をつけて乳液の手順ですが、化粧水の後に毛穴を冷やすことで、潤いを閉じ込めることができます。
ラップに氷を包み、数秒ずつ、毛穴の気になる部分にのせて、冷やしてを繰り返します。
毛穴をすぐに閉じることで、汚れが入る隙を与えません。

Page Top